[FF14 5.01]召喚士木人回し(初動エーテルパクト型)[SMN]

動画

IL450武器(全身IL447)での動画なのでそこまであてにならないかもしれません。

解説

何故初動エーテルパクトなのか

  • 一番強力なトライディザスターにエギの加護を乗せたい
  • うまく回せば最初のアクモーン1回目までエギの加護がぎりぎり乗る。
  • エーテルパクト2回目がトランス・フェニックス前に上がるので使いやすい

2~3GCD目にエーテルパクトを使う回しが流行ってますが、個人的には初動エーテルパクトを推します。一番の理由は2回目のエーテルパクトがトランス・フェニックス前に上がるので、エーテルパクト→ →ルインラ(ルインジャ)→トランス・フェニックス→トライディザスターといった流れの中で使うことができます。2~3GCD目に1回目のエーテルパクトを使うと2回目のエーテルパクトがトランス・フェニックス中に上がることになり、トランス・フェニックス中だとエーテルパクトが使用不可なので無駄が生まれてしまいがちです。初動しっかりエーテルパクトを乗せることができれば、エーテルパクト途中撃ちとDPSの差はさほど無かったので私は初動エーテルパクトを推奨してます。初動のスキル回しも楽になりますしね。

DoT更新について

DoT更新はトライディザスターのリキャストリセットをうまく使ってなるだけトライディザスターで更新するようにします。トライディサズターが上がらないのはトランス・フェニックスの後でこの時は魔法で一つ一つ更新します。この周期は120秒でループします。

秒数 アクション
0 トライディザスター → トランス・バハムート
30 トライディザスター
60 トランス・フェニックス → トライディザスター
90 ミアズガ、バイオガ
120 (0秒に戻る)

アビリティ使用について

アビリティを使用するときは必ずルインラ(ルインジャ)の後に最大2つまで使うを徹底しています。(例外として初動だけは3つ使ってます。)これはアビリティ硬直によるロスをなくすためです。トランス・バハムート、トランス・フェニックス中であればルインラ以外の魔法でもアビリティを挟んで大丈夫です。今回の召喚はアビリティ使用回数が多いため、アビリティ硬直によるロスを無くすのは重要な要素となります。

初動スキル回しレシピ

カウント 魔法 アビリティ1 アビリティ2 アビリティ3
2秒前 エーテルパクト
0 (ルインラ) トライディザスター エナジードレイン トランス・バハムート
2.5 ルインガ エンキンドル ミアズマバースト
5 ルインガ エギアサルトⅠ エギアサルトⅡ
7.5 ルインガ エギアサルトⅠ エギアサルトⅡ
10 ルインガ デスフレア サモン・バハムート
12.5 ルインジャ ミアズマバースト エンキンドル・バハムート
15.0 ルインジャ
17.5 ルインジャ
20.0 ルインジャ
22.5 ルインラ エンキンドル・バハムート
25.0 ルインラ
27.5 ルインラ
30.0 ルインラ トライディザスター
32.5 ルインラ エナジードレイン ミアズマバースト
35 ルインラ エギアサルトⅠ エギアサルトⅡ

エーテルパクトは発動してからエギの加護のバフがつくまで1~2秒ほどかかるのでカウント2秒前に使用することによって開始と同時にバフがつくようにしてます。 初動はトライディザスター → ルインラ → エナジードレイン → トランス・バハムートといった流れもありですが、トライディザスターの着弾後でないとルインラのダメージが増えないので注意です。また最後のアクモーン1回目にエギの加護が間に合わない可能性があります。スペルスピードが高ければ間に合うかもしれません。(要検証) 最初のサモン・バハムート中は確実にウィルムウェーブを7回いれるためにルインラを使用してます。2回目のサモン・バハムートからはスペルスピードと相談でルインガを混ぜるかルインラ連打するかになります。 初動のアビリティラッシュを乗り切ったらあとはアビリティが上がり次第ルインラ(ルインジャ)と合わせてアビリティを打つ形になります。

サブステータスについて

ウィルムウエーブ、火焔を7回なり8回当てるにはスペルスピードはある程度必要なります。GCD2.4になるスペルスピード1300台でぎりぎり最後のウィルムウェーブ、火焔がでるかな?少しでも遅れると出ない。といった具合なのでGCDはもうちょっと余裕もたせたほうがいいと思ってます。ちなみにウィルムウエーブ、火焔はパッチ5.01現在、最初の1秒間の魔法に反応しない不具合があるそうなのでうまくやっても7回発動が限度になります。スペルスピードを最低限乗せた上で、クリティカルやDHを伸ばしていくのが良いとおもいます。マテリアをスペルスピード全乗せでも意外とありです。


[RoR2] Risk of Rain 2 新サバイバー、REX

茨のRobot、REX

image

Risk of Rain 2で追加されたサバイバー、REX。スタイルとしてHPを消費しながらスキルを回していくキャラで、防御ダウンや絡み手を使う強力なサポートキャラでもあります。

image

スキル性能は以下の通り。

  • Passive Nautral Toxins
    • REXの攻撃によって弱体化した場合、移動速度、防御力、与ダメージが低下する。
  • Primary DIRECTIVE: Inject
    • 3発の針を飛ばし、80%ダメージを与える。最後の1発が命中すると弱体化を付与し、与えたダメージの30%が回復する。
    • Proc倍率: 0.5
  • Secondary Seed Barrage
    • 現在HPの15%を消費し、迫撃砲を放ち450%ダメージを与える。(弱体化は付与しない。)
  • Utility DIRECtiVE: Disperse
    • 衝撃波を前方に放ち、敵を押し出し弱体化を付与する。空中で使用した場合は自身も後ろに押し出される。
  • Special Tangling Growth
    • 現在HPの25%を消費し、花を放ち、範囲内の敵を高速し200%ダメージを与える。敵を拘束している最中、自身のHPが回復する。

敵が複数体いたらSpecalを放ち拘束した上で通常攻撃で弱体化を付与しつつ回復し、迫撃砲を当ててくのが基本的な動き方になると思います。通常攻撃のProc率が通常のキャラの半分なので確率発動系アイテムとは若干相性悪い感じです。(もちろんあったほうが火力は上がりますが)。純粋にクリティカル率と攻撃速度を上げるのが結果的に回復量を増やすことが出来、迫撃砲を回せるようになるので火力が上がる感じです。

ちなみにHP消費する技はMedkitといったHP消費で発動するアイテムが発動するので積んでおくと多少なりとも楽になります。

使用感としてはHP消費に気をつければもりもり回復しながら攻撃できるので結構楽しいキャラです。弱体化の効果はソロプレイよりマルチプレイで真価を発揮します。特に防御低下はおおよそ2割ほどダメージが増えるので強力ですね。

解禁方法

まずゲーム開始時の脱出ポットの背面を開け、燃料を取り出します。

image

この燃料は使用アイテム枠で、使うことは出来ませんが、HPが半分以下になると燃料が爆発して死にます。残りHPには最善の注意を払いましょう。

燃料を持った状態で4ステージ目まで行き、ジャンプパット2回で登れる高台から1段降りたところにいる壊れたロボットを修理すればアンロックされます。

image

ちなみにMUL-Tをキャラクターとして選択した場合、脱出ポットが落ちてこないので燃料が取れません。MUL-T以外のキャラでやりましょう。あと難易度は何でもいいので防御力に補正がかかるDizzleでやると解禁が楽です。


[AdonisJs] Amazon S3に保存したファイルをバイナリのまま返す方法

Adonis DriveのS3の実装の問題

AdonisJSはデフォルトでAmazon S3をサポートしていてそれはとても素晴らしい。 ただ以下のように取得しようとするとバイナリが壊れて困っていた。

const file = await Drive.disk('s3').get('mofu.jpg')

どうも実装を見ると取得したバイナリを何故かBuffer.string()を呼び出して返してる。どうして。

生のバイナリが欲しい場合はgetObject()を使うようにしないといけない。

const obj = await Drive.disk('s3').getObject('mofu.jpg')
const file = obj.Body

同じDriveでローカルストレージから取得する場合はDrive.get()でバイナリそのまま取れるのに……。実装をあわせて欲しい。


[RoR2] Risk of Rain 2 June Update キター

Risk of Rain 2 June Update

まずタイトル画面が変わってました新マップみたいです。

image

新アイテムの敵を倒したらバリアが付与されるアイテム。結構強い感じでした。雑魚を殲滅してたら一時的にHPが増えるので即死しにくくなるのかなと。スタックすればするほど付与量が増えます。

image

新マップ。夕焼けが綺麗な感じ。ただ巡回はちょっとし辛い構造。

image

アンロックアイテムやキャラクターも増えてるので後々やっていこうと思います。曲も一部差し替わってていい感じになってます。

明日FF14メンテだからその時にがっつりやろうかなと。

パッチノートはこちら


[JavaScript] 表示数が固定のページネーションを作る

概要

常に表示されるページ数が固定なページネーションを作成するスクリプトサンプルです。

太文字が現在ページ数として、以下のような感じで表示されます。

1 2 3 4 5

6 7 8 9 10

またページネーションのリンクとして ?page=1 みたいな文字列を付与するのですが、検索クエリ付きだと ?q=xxx?page=1 みたいに残念なことになるのでそうならないように工夫してあります。

(paginationのnodeモジュールはあったのですが、この問題があったために自作したという経緯があります。)

サンプルコード

サンプルコード(Gist)

使用例

const pagination = require('./pagination');

// 全ての引数が optional です。
const html = pagination({
  link: '/posts/', // 基本となるリンク
  query: { q: 'ちぇん' }, // 検索文字列など (?q=xxx とか) 
  current: 3, // 現在のページ数
  perPage: 10, // 1ページあたりの件数
  total: 55, // 総件数,
  viewPageNum: 5 // ページネーションの表示数
});

console.log(html);